日本はアニメ大国

アニメは日本のポップカルチャーとして国内外問わずとても人気です。日本では毎年たくさんのアニメが制作され、その中には見た人を感動させるような作品もいくつかあります。その為将来はアニメーションの仕事に携わりたいとこの職業を目指す人も多いです。アニメーション制作会社に入社する為にはまずは専門的な知識や技術の基礎を学んでおかなければいけません。その為には、アニメーション制作を教えてくれる専門学校に行く必要があります。専門学校で学んだ知識や技術を活かせる職業にはいろんなものがあります。自分の目指したい職業が決まっていると勉強の仕方も変わってきますよ。

専門学校で勉強をして将来目指せる職業

  • アニメーター
  • アニメ監督
  • 2Dアニメーター
  • 背景デザイナー
  • 3Dアニメーター

基礎が大切!原画やCG技術をアニメ専門学校で身につけよう!

ノートを取る

アニメの基本は原画から

アニメショーンを作るには、まず原画を作らないといけません。原画はアニメ監督がアニメのワンシーンを大まかに描いたものを元に、ラフ状態の絵を綺麗な人物や背景に一つ一つ書き換えていったものです。アニメショーンを作るにはこの工程を何度も繰り返して一つの作品が出来上がります。簡単に言うと、パラパラ漫画を作る工程と似ています。また、制作会社に入社する為には、絵を描く技術が必要になります。専門学校では基本的な人物の描き方の他に背景や物体の描き方を学ぶことができますよ。他にもアニメーションの中での人物の配置や仕上げ方法も学べるでしょう。

アニメーションは脚本と画面の見せ方が大事!

アニメを鑑賞していて、このワンシーンはかっこいい!ヒロインの表情が可愛い、などと思った経験はありませんか?アニメ制作では必ず決められた時間の中で話しをどう展開していくか、その展開でどう人物をみせるかを考える必要があります。話の流れが良くても画面の見せ方がつまらないと違和感を感じたり、逆に画面の見せ方が良くても話が面白くないと魅力的な作品にはなりません。アニメ作成では、話の流れを脚本と言い、脚本から想像した画面作りを一つ一つ漫画のコマのようにしたものを絵コンテと言います。アニメ制作の現場では、脚本と絵コンテを別の人が行う会社と絵コンテも脚本も一人の人が行う会社と様々です。そのため、いざ会社に就職して両方を任された時にどちらもできように、専門学校では人を惹きつける脚本の書き方や絵コンテの描き方を指導していきます。

注目されつつあるCGアニメーション

昔のアニメは、平面の絵を動かしてストーリーを作っているものが多かったのですが、最近のアニメには人物や背景に立体感を持たせてストーリーを展開するCGアニメーションが増えています。CGアニメーションの良さは、画面に立体感が出る事でよりアニメにリアルさを出す事ができるところです。どこのアニメ制作会社でもCGは使われているので、基礎的な技術や知識が必要になってきます。そのため、学校では今まで絵で表現されていた人物をCGで作る所から、画面の中で起こる爆発や光のようなeエフェクトをCGで表現する方法を学んでいきます。

広告募集中